APICスタッフ紹介 - 麻布十番ぺリオインプラントセンタースタッフ紹介


  
 
歯科医師 青井良太(東京麻布十番ペリオ・インプラントセンター所長) 
歯周病・インプラント担当
歯科医師 青井良太(麻布十番ペリオ・インプラントセンター所長) 歯周病・インプラント担当 歯科医師 青井良太(麻布十番ペリオ・インプラントセンター所長) 歯周病・インプラント担当
略 歴
1994年
朝日大学卒業
兵庫県神戸市勤務
1999年
貴和会歯科新大阪診療所勤務

2002〜2008年

JIADS講師(エンド・ぺリオ・インプラント)

2003年

貴和会歯科銀座ペリオ・インプラントセンター勤務
2007年
あおいデンタルクリニック開業
麻布十番ペリオ・インプラントセンター開設
2009年
Surgical Basic Course 開講
資 格
SBC(Surgical Basic Course)常任講師
3iインプラント認定インストラクター
3iインプラントライセンス 
ノーベルバイオケアインプラントライセンス 
ITIインプラントライセンス 
所属等
AAP アメリカ歯周病学会
OJ(Osseointegration Study club of Japan )


 
歯科医師 古宇田道生 インプラント補綴・クラウンブリッジ
歯科医師 古宇田道生 インプラント補綴・クラウンブリッジ 歯科医師 古宇田道生 インプラント補綴・クラウンブリッジ
略 歴
1999年
日本大学松戸歯学部卒業
日本大学松戸歯学部顎口腔機能リハビリテーション学講座入局
1999年〜
同講座非常勤研究生
2005年
こうた歯科クリニック開業
2004年
JIADSペリオコース、インプラントコース受講
JIADS Study Club Tokyo
2005年
銀座 Prosthodontics Study club Team Nakamura
2007年
東京麻布十番ペリオ・インプラントセンターにて補綴を担当
大学では 補綴 学を専攻し教育・研究に携わる。茨城県つくば市で開業し、地域の医療に貢献する傍ら、当センターにて補綴治療を担当。

 
 
歯科医師 木下富貴 インプラント補綴・義歯
歯科医師 木下富貴 インプラント補綴・義歯 歯科医師 木下富貴 インプラント補綴・義歯
略 歴
1995年
日本大学松戸歯学部卒業
日本大学松戸歯学部 顎口腔義歯リハビリテーション学講座入局
1999年〜
2000年
同講座 助手
2001年〜
同講座 非常勤医員
2006年
JIADSインプラントコース受講
銀座 Prosthodontics Study club Team Nakamura
2007年
東京麻布十番ペリオ・インプラントセンターにて補綴を担当
2008年
きのした歯科クリニック開業 インプラント・義歯センター開設
大学では補綴学を専攻、特に義歯の分野でのスペシャリスト。大学と連携をとりながら当センターにて補綴治療を担当。
 
 
歯科医師 渋澤龍之 矯 正 (日本矯正学会認定医)
歯科医師 渋澤龍之 矯正 歯科医師 渋澤龍之 矯正
略 歴
1995年

昭和大学歯学部卒業 昭和大学歯学部歯科矯正学教室入局

2000年

昭和大学大学院歯学研究科修了
昭和大学歯学部歯科矯正学教室員外助手

2004年
昭和大学歯学部歯科矯正学教室助手
2007年

昭和大学歯学部歯科矯正学教室講師
東京麻布十番ペリオ・インプラントセンターにて矯正を担当

矯正のスペシャリストとして教育・研究に従事。顎関節の MRI 像を動画に置き換え診断を行うなど矯正界の最先端をリードする。










 
 
衛生士 安達絵里
衛生士 安達絵里 衛生士 安達絵里
略 歴
1998年
東京医療専門学校卒業
東京都港区勤務
2004年
潟Cンプラント・イノベイションズ・ジャパン勤務
2007年
あおいデンタルクリニック 東京麻布十番ペリオ・インプラントセンター勤務
インプラントを始めて導入する歯科医院やインプラント手術アシスタントの依頼を全国から受け歯科医師の教育、スタッフ教育を行う傍ら、講習会などでインストラクターを務める。
 
 
衛生士 杉浦美加
衛生士 杉浦美加 衛生士 杉浦美加
略 歴
1997年
東京歯科衛生専門学校卒業
東京都文京区勤務
2004年

埼玉県川口市勤務

2007年
あおいデンタルクリニック 東京麻布十番ペリオ・インプラントセンター勤務
10年の臨床経験から、衛生士としてチーム医療へ参加。初診からメインテナンスまでのトータルマネージメントを行う。
 
 
衛生士 高橋麻衣子
衛生士 杉浦美加 衛生士 杉浦美加
略 歴
1995年
鮫島石油株式会社入社
1998年
横浜歯科技術専門学校卒業
 
神奈川県川崎市勤務
 

東京都世田谷区勤務

2007年
あおいデンタルクリニック 東京麻布十番ペリオ・インプラントセンター勤務
人と人とのふれあいの中から自分らしさを見出すために一般企業から転身。口腔ケアの専門家としてチーム医療に参加。たくさんの種類のケア製品の中からその患者さんにあった 製品を紹介し指導・管理を行う。
 


インプラント・再生治療について


不治の病といわれていた歯周病は、今日の医学の進歩により改善しつつある。

 歯周組織の再生には特殊なテクニックが必要であり、適応症の診断が重要になる。現在の最先端の治療法には、Emdogainを根面に塗り歯根膜組織を再生する方法である。塗るだけで組織が再生する夢のような薬だが、やはり、骨欠損の状態、歯周ポケットの深さなどさまざまな要因を見極めて手術計画を立てなければならない。患者サイドでは、喫煙の有無、全身疾患の有無などの多くのチェックが必要になる。

 インプラント治療という言葉は、世間一般に認知された治療法となっている。その反面、医療事故、訴訟など多くの問題を抱える治療法にもなっているのが事実である。歯が無くなるのにはいろんな状況が考えられ、その状況に応じたインプラント治療が必要になる。インプラントは、骨に穴を開け、その中にインプラント体を入れる方法であり、骨がないとインプラントは埋入できない。たとえば、歯周病や交通事故などで歯牙を支える骨(歯槽骨)が無くなってしまうとインプラントは埋入できないのである。また、残っている骨に埋入したとすると、もともとあった歯牙の位置からはずれてしまう。その状態で、上部構造(インプラントの被せ物)を装着するとしっかり咬めなかったり、上部構造が数年で壊れてしまったり、インプラント体自体が折れてしまうことがある。では、このようにならない為にはどのようにすればよいのか。理想としては、無くなった骨を元にもどして、もともとあった歯牙の位置に、インプラントを正確に埋入することである。このことを考えると、インプラント治療というのは、ただインプラント体を埋入するだけではなく、最終的な咬み合わせがどうなるのか?その咬み合わせを作るためにはどれだけの骨を作らなければならないのか?インプラント体の周りの歯茎(歯周組織)の状態はどうなのか?インプラント体に隣接する天然歯の状態は健康なのか?・・・・・といった様なインプラントを埋入するにあたって成功させるためには、一口腔一単位と考える治療計画をたて、「トップダウントリートメント」という最終的な被せ物(最終補綴物)を考えた、治療法が必要とされる。そのためには、ほとんどの症例で、骨を再生させる技術が必要になる。
インプラント治療で骨の再生が特に必要とされる部分が上顎の臼歯部である。日本人は特に上顎洞底と歯槽骨頂との距離が短く、上顎の臼歯部が欠損すると上顎洞が延出してくるとさらに上顎洞底と歯槽骨頂の距離が短くなる。上顎洞は空洞なのでそこに骨を作る上顎洞挙上術を行わなければインプラントは埋入できない。インプラント手術の技術がない歯科医は、義歯を進める。上顎洞挙上術の技術がない歯科医師は上あごにはインプラントができないと話すであろう。また、手術を行う際には、手術室があるのは当然だが、患者さんの全身状態の管理が必要になる。手術中はモニタリングをし、必要であれば、麻酔医の監視下で静脈内沈静法を行う。静脈内沈静法は、全身麻酔ではなく手術中だけ眠ってしまう方法で健忘効果もあるため患者さんによって、「手術自体をまったく覚えてなく、思ったより楽に手術が受けることができた。」と言われる人も少なくはない。できるだけ患者さんが手術に対して不安や緊張感を取り除くようにすることも手術の多くなる患者さんや、全体的な治療計画を進めていく上で重要である。

 日本の一般開業歯科医院の歯科医師は、多くは一人でいろいろな治療を行っている。しかし、インプラント治療を行うのに対しては専門医が行うことが推奨される。

2005.10.15 青井良太

【用語】
GTR  ( Guided Tissue Regeneratoin )
 

組織誘導再生療法
1982 年に Nyman や Karring らにより GTR 法が発表。 骨欠損と歯肉との間に吸収性または非吸収性の膜を設置し膜直下の骨欠損に対して歯周組織を再生させる方法。

 
Emdogain
 

エムドゲイン
ブタの歯冠および歯根上の硬組織の形成に先だって生成されるエナメルタンパク質複合体を主成分とした物質。歯根面にエムドゲインを作用させることにより歯周組織を再生させる方法。

 
GBR (Guided Bone Regeneration)
 

骨組織誘導再生療法
1989年にDahlinらによりインプラント周囲の骨欠損に応用した。軟組織を創傷部位から排除するために吸収性または非吸収性の膜を使う。膜直下には骨が造成するためのスペースを作り、骨を造成する方法。骨移植を併用する。

 
FGG (Free Gingival Graft)
 

遊離歯肉移植術
上あごの口蓋から上皮の付いた歯肉を切り取り角化歯肉(硬い歯茎)のないところに移植する方法。

 
CTG (Conective Tissue Graft)
 

結合組織移植術
上あごの口蓋から結合組織を切り取り歯牙の唇側部歯肉の退縮している部位のカバーや抜歯後の歯槽提の陥凹した部分を膨らますためなどに行う方法。

 
根面被覆術 (Root Coverege)
 

根面被覆術
特に上顎前歯部の唇側の歯肉の退縮に対してCTGを行い、根面をカバーする方法。成人矯正後の歯肉退縮や知覚過敏のある歯牙などに行う。

 
R.A (Ridge Augumentation)
 

歯槽堤増大術
抜歯後の歯槽堤の陥凹部にCTGを行い歯肉を膨らます方法と陥凹の大きい場合はGBRにより骨ごと膨らます方法。

 
R.P (Ridge Preservation)

歯槽堤保存術
抜歯後の歯槽堤の陥凹を予防するために骨移植やCTGを行う方法。

ページのはじめへ
ホームサイトマップお問合せ